IRの求人情報はどこで見つける?未経験でも転職できる求人は?

IRの活動は、企業にとって投資家に評価してもらい、資金を集めるための重要な活動です。日本でも、この20年でIR活動の需要が高まっています。

そのため、ほとんどの企業が新しいIR担当を採用する際には、財務や経営の知識も身につけた、経験豊富な経験者を求めています。

そのため、新卒で採用されるということは現状少なく、財務部や経理部、証券会社やIR支援会社など、経験を積んだ後にIR担当になることが多いです。

では、IR担当への転職を成功させるためには、どうしたらいいのか。今回の記事では、IRの求人情報の見つけ方、そして未経験でも転職できる求人についてお伝えします。

IRの求人情報はどこで見つかるの?

転職活動を始める時、まずは複数の求人サイトに登録をして、希望している職種の求人を探すのが一般的だと思います。これまでに転職をしたことがあれば、このような経験があると思います。

しかし、IRの求人の場合、あまり求人サイトには掲載されておらず、ネットで検索をしてもあまり求人情報を見つけることができません。そもそもIRの求人は、他の職種の求人と比べて求人母数も、多くありません。

IRの求人を探す一番の方法は、転職エージェントを活用することです。

もちろん、求人サイトに掲載をして、IR担当を募集している企業も多少はありますが、多くの企業が転職エージェントを通して、IRの採用活動を行っています。

ですので、まずは転職エージェントに登録をして、担当者との面談を行いましょう。面談では、あなたがIRの仕事に就きたい理由や、希望条件を正確に伝えてください。あなたの希望や条件を聞いた上で担当者は、マッチしたIRの求人をいくつか紹介してくれます。

もしかすると、転職エージェントは保有している求人が少ないと思っている人もいるかも知れませんが、転職エージェントは、世に公開されている求人以外にも、非公開求人もたくさん保有しています。

また、転職エージェントが紹介してくれた求人の中には、求人サイトや企業のWebサイトにも、掲載されている場合があるかも知れません。

しかし、転職エージェントの担当者は、直接企業の採用担当者から「どんな人材がほしいか」など細かくヒアリングをしているので、求人に掲載している内容よりも、より詳しい内容を教えてくれる場合があります。

求人情報には掲載されていない、非公開の情報を事前に教えてもらうことで、企業選びや面接対策に役立てることができます。

未経験でも転職できる求人の見つけ方は?

前章でも記述しましたが、IRの求人は他の職種に比べて、求人の母数が多くありません。特に、未経験OKの求人となるば、求人サイトにはほぼ掲載されていないと思った方がいいでしょう。

多くの企業は、経験者を求めていることが多く、未経験からIRの仕事に転職をすることは簡単なことではないため、未経験が応募対象である求人を、少しでも多く見つけなければなりません。

IRへの転職に限らず、転職活動を成功するためには、1社だけに絞って選考に臨むのではなく、複数の企業に応募することが得策ということです。

IR未経験での転職活動となれば、書類選考や面接を通過する難易度は高くなります。ですので、なるべく多くの企業に応募をし平行して進めることをお勧めします。

そのためにも、自力で応募できるIRの求人を探そうとはせずに、転職エージェントに登録をして、相談をしましょう。

新着求人を見逃さないためには?

転職活動をする上で、新着求人を確認し、気になった場合は、すぐに応募することが大原則です。

人によっては、新着求人だから、他の求人も見てからゆっくり応募しようと、後回しにしてしまう人もいるかも知れません。しかし、後回しにすることは、避けなければなりません。

例えば、掲載した初日に良い人から応募があったとしましょう。そのまま採用までスムーズに決まってしまえば、企業側は予定より早く応募受付を締め切ってしまいます。とくに人気の企業であれば、応募する人が多いので、このケースが考えられます。

人手不足の時代ですから、企業側も良い人がいれば、他社よりも早く内定を出そうとスピーディーな採用を意識していることも少なくありません。

IR担当の求人は、他の職種と比べて求人数が少ないですから、良い求人と思ったらすぐに応募をしましょう。

しかし、世に数多あるすべての求人メディアを、毎日毎日チェックするわけにはいきません。特に、現職での仕事しながら転職活動をしようと考えている人であれば、日中に新着求人をチェックすることは難しいはずです。

そこで、IRの新着求人を見逃さない対策方法が2つあります。

1つ目は、転職エージェントに登録をすることです。転職エージェントの担当者にあなたの条件を伝えておくことで、あなたにマッチした新着求人が発生すると、すぐにメールや電話でお知らせをしてくれます。

あなたが何もしなくても、お昼休みに少し携帯でメールをチェックするだけで、新着情報を確認することができます。

2つ目が、Googleしごと検索(Google for Jobs)で「IR」を登録しておくことです。

Googleしごと検索とは、何かキーワードを検索して商品を見つけるのと同じように、「大IR 東京」といったキーワードで検索すると、求人情報が表示されるサービスです。

Googleしごと検索では、職種、距離、投稿日、形態、企業などの複数の項目をあらかじめ設定しておくことが出来ます。

あらかじめ設定しておくことで、Indeed(インディード)と同じように、各サイトで掲載している求人情報をまとめて見ることができます。ですので、自分で新着を調べようとした際にも、あらゆる求人サイトを見る手間と時間が削減されますので、効率的に新着求人をチェックすることができます。

企業に直接応募してもいいの?

IR担当を募集する際、企業によっては、自社HPで募集をかけている場合もあります。

もし、企業のHPに掲載されている場合は、直接企業に応募してもいいのですが、掲載されていない場合は、求人サイトや転職エージェントを通して応募した方がいいでしょう。

また、企業のHPから直接応募をする際には、1つ気を付けなければならない点があります転職エージェントを経由して応募する場合とは、異なるということを理解しておくことす。

転職エージェントを通して企業に応募する際には、担当者が求人情報には掲載されていないような情報を教えてくれたり、志望動機のアドバイス、レジュメの添削を受けることが出来ます。

しかし、企業のHPから直接応募をする場合は、HPに掲載されているの求人情報だけを頼りに、自力で応募書類を提出しなければなりません。つまり、企業側がどのようなポイントで書類選考をするのか、全く分からない状態で提出するということです。

同じIR担当の採用とはいえ、企業により全く基準は全く異なります。そのため、かなり細かく具体的に、詳細を書いた履歴書、職務経歴書の提出が必要になります。

いい求人を見極めるポイントは?

IR担当に限らず、転職活動を成功する上で大切なことは、自分に合った企業へ転職をすることです。そのためには、応募の段階でいい求人を見極めたいと思う人が多いでしょう。

IR担当の採用をしているのは、上場企業ですので基本的にブラック企業といったような会社はないでしょう。だからといって、どこの企業でも自分に合うとは限りません。

そもそも、”いい求人=誰でも、いい求人と感じる”といったことはありません。人それぞれ”いい求人”の条件は違います。

例えば、休みが少なくても給与が高い求人を、いい求人と思う人もいると思います。しかし、給与は前職と同じぐらいで構わないので、休みを安定させたい人にとっては、いい求人とは言えません。

では、どうすれば、自分にとっていい求人を見つけることができるのか。それは、あなたが自身で、転職する条件に優先順位を付けることです。

IRの仕事に転職する条件は、おそらく1つではないはずです。働く時間、給与、やり甲斐、勤務地など、転職先に希望する条件がいくつもあるはずです。

しかし、全ての条件を満たす求人はほとんどないのが現実です。何かを妥協しなければなりません。だからこそ、まずは条件に優先順位をつけて、妥協できる点、妥協できない点を決めましょう。

いきなり優先順位をつけることが難しければ、まずはキャリアの棚卸しをしてみることがお勧めです。例えば、下記のようなことを書き出してみましょう。

・好きなこと、やりたいこと、できることの整理

・仕事内容、給与、待遇、福利厚生、勤務地など転職先を選ぶ条件

・自らの客観的な市場価値の見極め

書き出すことができたら、IRに転職する条件に優先順位を付けてみてください。優先順位が分かれば、自ずと自分にとっていい求人を見極めることができます。

また、自分で決めた優先順位を基に、転職エージェントに条件を伝えれば、よりマッチした求人を紹介してくれるでしょう。

 “未経験歓迎求人”は、本当なの?

IR担当の場合、基本的には未経験者歓迎で募集をしている企業は、ほとんど存在しません。

IR担当になるためには、特別必要な資格や免許があるわけではなく、特別な学歴が求められる職種でもありませんが、経験者を採用している企業がほとんどです。

極稀に未経験者が応募できる求人もあるかも知れませんが、その場合でも、IR支援会社の経験の経験や、証券会社の経験、財務、経理経験などが必須になるでしょう。

また、「未経験歓迎」といっても、業界未経験者を指している場合や、職種未経験者を指している場合と、企業によって未経験を指している意味が異なります。応募する際には、きちんと求人の内容を確認しなければなりません。

また、IR未経験で応募をする際には、企業側は「これまで何をしてきたのか」「IR担当として自社で活躍できるのか」を、書類選考の時点で厳しくチェックをします。

つまり、IR未経験でも書類選考を通過して面接に進むためには、履歴書・職務経歴書を読んだ企業側に、まずは「この人に会ってみたい」と思わせなければなりません。

そのためには、書類を作成する際に、転職エージェントにもアドバイスをもらいながら、「これを読んで、企業側は自分に会いたいと思うだろうか?」と意識して書く必要があります。

また、未経験からIRへの転職を目指す場合は、以下のようなスキル・経験が企業側から見て、IR職の適性があると判断できる材料になります。

・コミュニケーションがある

・自発的、積極的に情報を集めて、周囲に発信することが得意

・部署の垣根を超えて、何らかの企画をして成功した経験

前職での、どの経験や成果が、IR担当として生かすことができるかを、明確に伝えることが、重要なポイントです。

転職エージェントに登録するメリットは?

ここまで、IRの求人は求人サイトには、あまり掲載されていないため、転職エージェントに登録をして転職活動しましょうとお話をしてきましが、転職エージェントに登録するメリットは他にもあります。

まず、転職エージェントは、IR求人の非公開求人を保有しています。この非公開求人は、転職エージェントに登録しなければ紹介してもらうことができません。

もちろん、転職エージェントは、求職者にむやみやたらに職を紹介する訳ではありませんので、全ての求人を見ることはできません。

しかし、あなたのIRに転職したい理由や、前職の経験を伝えることで、あなたにマッチした求人を紹介してくれます。

また、転職エージェントは、IRを募集している求人を紹介してくれるだけではなく、あなたが内定できるまでのサポートをしてくれます。

転職エージェントの担当者は、応募書類を提出する前に、履歴書や職務経歴書の添削も行ってくれたり、書類選考の段階で、企業側に推薦状も書いてくれるので、通過率もUPするでしょう。

あなががIR未経験であれば、IRの仕事に本気で携わりたいと思っていても、実際にIRの仕事をやっていけるのか、自分に合っているのかと不安に思うかも知れません。

そういった場合も、転職エージェントの担当者は、あなたのスキルが市場に見合っているのかを適切に評価してくれます。

もちろん、企業への応募代行、面接の日程調整なども行ってくれます。多くの人は、現職で仕事をしながら、転職活動をすると思います。

転職エージェントが代行してくれることにより、企業との日程調整がなかなかできずに選考が進まないといったことも回避することができます。

まとめ

ここまで、IRの求人情報の見つけ方、未経験でも転職できる求人についてお話をしてきました。

IR未経験からIRに転職することは簡単なことではありません。

もしもIRの転職にチャレンジするのであれば、自力でやろうとはせず転職エージェントのプロの力を借りましょう。

また、現職の仕事で転職活動をするのは大変ですので、何もしなくても簡単に新着求人を受け取れるような仕組みをしっかりと作った上で、効率的に転職活動をしましょう。